アーカイブ

2012年07月

カテゴリ:
昨日、朝方まで頑張ってインストールした音楽のソフトが、何故か、使えない。

ソフトをたちあげると「オーソライゼーション・コードを入力するように」と指示が出る。

昨日、そこら辺の設定は、全部終わったのになぁ。

仕方ないので、もう一度コードを取得して、ソフトを使える状態にした。

そして少し使って、パソコンを閉じて、開いたら、セーフモードでのたちあげを勧める画面になったので、セーフモードで起動してから、普通に起動したら、また「オーソライゼーション・コードを入力するように」と指示が出た。

音楽のソフトが使えなくなるだけでなく、別のソフトも、データを読み込まなくなってしまった。

うーん、どこで何が悪さしているんだろう。

早く、このソフトを使ってレコーディングしてみたいのに、なかなか先に進めないなぁ。

オモチャのオマケ

カテゴリ:
仕事が終わって、ご飯食べて、お風呂に入ってから、待ちに待った自分の時間。

先日到来したオモチャの、オマケで付いてきたソフトをダウンロードして、インストールして、使えるように設定していたら、もうすぐ夜が明ける。眠いなぁ。

セッティングするだけで、時間がかかる。

でも、10年前にやろうとした時よりも、いろんなことが簡単になっているので、今のところ、パソコンを窓からぶん投げたくなるような衝動に駆られることなく、楽しんで作業できている。

ちょっとだけ、入れたソフトを使ってみた。

20120730コレ、すごいなぁ。キーボードで弾いてる音が、ギターの指板でいうと、どこをどう弾いているのか?が表示される。

和音をおさえると、コードネームも表示される。

パソコンって、すごい。

オモチャ襲来

カテゴリ:
注文したブツが届いた。

20120729



今度こそ、やるぞー!

使いこなせるようになるぞー!

カテゴリ:
アデプト・フォローアップクラスからの帰り道。

ふん、ふん、ふーんと歌いながら帰ってきて、ギター弾きながら、また歌ってたら、なんと、1曲出来ちゃった!

1時間かからないうちに、歌詞も構成も、細かいところまで作り込めた。


うわー、なに、これ。

10年近く続いて悩まされていたスランプ(自分の曲が作れなかった)は、一体どこへ?

曲を作ろうと思っていた訳じゃないんだけど、調子が良かった時(次から次へと曲を作っていた時)と同じ感覚で、サラサラっと出来あがっていったことに、ビックリした。

この感覚、長いこと味わってなかったなー。


ここに至るまでに紆余曲折はあるんだけど、長くなるので、細かいことは話さない。

ただ、自分で曲が作れるのは、とても楽しい。

これで自信を取り戻せた気がする。

このまま、スランプ脱するぞ。

カテゴリ:
数日前から一念発起して、また、DTMの勉強を始めている。

9年前にも、やって、出来無くて、挫折しているので、なんとも悔しい。


その時にも書いたが、音楽もパソコンも得意なはずなのに、どうしてDTMになると、苦手意識やアレルギーが出て、思ったように出来無くなるのか。

そもそも、サラスヴァティに、コンピューターミュージックをやらせようっていうこと自体が間違っているのかもしれないが。

ひとつ、ひとつ、岩をつかんで、崖をよじのぼっていくような感覚で、今はお勉強している。


お勉強してみて分かったことは、正確に打ち込んだままだと、いかにも「機械」って音になるので、少しリズムを崩したり、音量で強弱をつけたりして、人間らしさを出す必要があるということだ。

人間は演奏している時に、機械みたいに正確な演奏を目指すのに、面白いなぁと思う。

1音1音ムダが無いプレイ

カテゴリ:
我がロックバンド「クイクイG」のリハーサル。

クイクイG


先日の人間椅子ライブで得た教訓を活かして「1音1音ムダが無い職人プレイ」を目指し、1音1音、丁寧に弾いてみた。

いつも、いい加減に弾いている訳じゃないけどさ。

意識して弾いてみると、自然と弾くフレーズが変わってくる。


何が大きく変わるかというと、間だ。

ほとばしる情熱は、ドワーッと流れるような旋律を奏でたがるけど、そこをグッとこらえて、間合いを活かす。

何年、弾いても、ギターは面白いですな。


クイクイG、次回のライブは、8/31(金)大久保ホットショット。

チャージは、2,000円(1ドリンク付き)。

出演時間は、まだ分からないけれど、19時〜22時の間で、多分遅めの時間。

まだナマでクイクイGを見たことない人も、常連さんも、ぜひ、いらしてください。

私が生きているのは喜びのため〜人間椅子ライブ

カテゴリ:
命の洗濯、魂の栄養である「此岸御詠歌〜人間椅子ワンマンツアー2012年夏」渋谷O-WESTに行ってきた。


今年初のワンマンライブ。この日を、どんなに待っていたことか!!

だいたい、いつもと同じポジション、中央の前から2列目で見れた。


ギターの和嶋さんの職人芸は、さらに磨きがかかっていて素晴らしかった。

毎回、思うことだが、この演奏をナマで見ちゃうと、もう「一生、ついていきます!」という気分になる。

こんなに素晴らしい演奏する人と、同じ時代を生きられて良かったと思う。


どの曲も良かったが、一番印象に残ったのは『深淵』という曲。

この曲をやる前に、和嶋さんが「いろんなところを探しても神様はいなかったけど、自分の中にいた」という話をしていた。

まったく、その通りだと思う。


そして、そんなことを歌っているのが『深淵』という曲で、曲も歌詞もいいんだよ。

あぁ私が生きているのは喜びのため

これまた、まったく、その通り。


10分近い、とても長い曲なのに、まったく長さを感じることなく夢中になって聞けてしまう。

和嶋さんが「You Tubeで、どんどん宣伝するように!」と仰っていたので、興味ある人は、ぜひ聞いてください。




『深淵』の歌詞はコチラ

カテゴリ:
お客様から、来年の吉凶方位(気学鑑定)をお願いされることが増えてきた。

もう来年の話!?と、ビックリするのだが、今年も半分終わったことだし、来年の引越や旅行の計画を立てても、おかしくない時期なんですねぇ。

なので、来年の吉凶方位の一覧表を作りました。

気学鑑定を受けにいらした方には、お渡しできます。

開運に、お役立てください。

来年は吉方位が多い年ので、開運となる引越や旅行が、しやすいですよ。

カテゴリ:
どうして、私のことを分かってくれないのだろう?と、色んな場面で苦しんできた。

しかし今日、たまたま見た星占いによると・・・。

「誰にもあなたの本心を理解することはできません。つかみどころのない複雑な性質は、他者から見ると魅力的であることも、苛立ちを感じることもあります。いくつもの顔を持つあなたのどれが本当の素顔なのか、 他の人にはなかなか分かりません。」

どうやら自分のことを分かって貰おうと、願うこと自体が無謀らしいと知り、ちょっと楽になった。

自分を知るのも大事ですな。

第11回豊かさ強化エクササイズ

カテゴリ:
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

20120715-04皆さん、絵がお上手だった。



20120715-05豊かになろう!という意気込みが、絵からも伝わってくる。



20120706今回のゲスト神は、月天チャンドラ。

数日前のブログにも書いたけど、今年の2月位から、今日この日に降りてくるのを、待っていてくれた神様。

前回は、開催の1時間前にゲスト神が決まるという、とてもギリギリで、ドキドキハラハラな展開だったのに比べると、今回は、なんと準備がよいことか!

20120715-03エクササイズは、イェソド(カバラ生命の樹・第9のセフィラ)を調整するような内容が多かった。

どれもシンプルなんだけど、私にとっても「なるほどね!」と、新たな発見や気付きが多くて、とても勉強になった。

チャネリングでのメッセージやエネルギーは、芯があるんだけど、とても優しかった。

ずっと浸っていたい感じ。

私はハートを癒されたというか、調整されたような感じがした。


■参加者さんのご感想

「不要な物を手放し、今やるべきことを、後まわしにせず、一つ一つこなしていこうと思いました。」

「仕事やお金に対する概念を確認することで、自分を見つめ直す良い機会だったと思います。」

「普段、無意識に抱えていた価値観を、時間を取って洗い出すことができ、今更ながら、そこにハマリこんでいた自分に気づき、今後のワークをとおして修正に行動していきたいと思います。」




エクササイズは今日で終わりではなく、いつも通り、今日から来月末まで続ける。

今回は月の神様なので、新月・満月のリズムに合わせて、エクササイズの内容を変えるようにと指示があった。

なので月のリズムを調べてみたら…


今日、7/15 → 7/19(新月)

7/19(新月) → 8/2(満月)

8/2(満月) → 8/18(新月)

8/18(新月) → 8/31(満月)


なんと!エクササイズ最終日が、終了するのにキリのよさそうな満月なのだ。

ビックリ!まるで、計ったみたい。。。っていうか、計ってたのかな?

よく分からないけど、光の存在達は、やっぱりスゴイと思った。


今回のエクササイズで私は、お金や仕事に対するネガティブな思い込みを、まだまだたくさん持っていることに気付いたので、それを大きく、ぶっ壊すつもり!

チーム・チャンドラの皆さん。エクササイズを通じて、望み通りの人生を作りましょう。

より多くの豊かさを受け取っていきましょう!

8月末まで、宜しくお願いします。

このページのトップヘ

見出し画像
×